女性医師による心エコー検査

  • HOME > 
  • 女性医師による心エコー検査

女性医師による検査・診断

気軽に相談できるクリニックを目指して

循環器内科では心臓に関連した疾患をみるため、胸周りの診察をするケースが多くなります。心エコー検査(心臓超音波検査)では、衣服をまくって胸を診させていただくことがあるため、受診に抵抗のある女性の方は多いのではないでしょうか。

蛇田さくら内科クリニックは、受付スタッフ・看護師をはじめ、院長もすべて女性です。検査に抵抗がある方や若い方が心エコーを受けやすいように、女性医師である院長が検査を行っています。

女性の患者さんはもちろん、思春期のお子さんの検査をご検討中の親御さんも、安心して当院へご相談ください。女性特有のお悩みと真摯に向き合い、安心して通院できる環境を目指しています。

心エコー検査とその役割

身体に害のない安全な検査

超音波を使って心臓の動きや状態を観察する検査です。超音波は身体に害もなく痛みもありません。妊婦さんが赤ちゃんの様子を観察するのも同じく超音波検査です。

胸を出してベッドに横になり、ゼリーを塗って検査します。 手足に電極をつけて、心電図を取りながら行います。

心エコー検査でわかること

心臓はお部屋が4つに分かれていて、全身に血液を送っています。

  • 心臓の大きさ
  • 壁の厚さ
  • 弁の状態
  • 血液の流れ

など、心臓の状態を観察することができます。

間を仕切っているのが「弁」です。弁は血液の逆流を防ぐ役割を担います。

心エコー検査でわかる疾患

    弁がかたく開きにくくなる狭窄や、血液が逆流する閉鎖不全など、弁の障害を診断するのに非常に有効な検査の一つです。

    心臓本来の役割である、血液を送るポンプ機能が低下する「心不全」も知ることができます。心不全を起こすと、全身に血流がうまく回らず、むくみや肺に水が溜まる場合があります。

    その他にも、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)や心筋症、心筋炎などがあげられます。

    • 弁膜症
    • 心不全
    • 狭心症
    • 心筋梗塞
    • 心筋症
    • 心筋炎

      など

      心エコー検査を行うケース

      • 胸に圧迫感がある
      • 動悸が気になる
      • 息が切れる
      • 脚がむくみやすい
      • 急激な体重増加があった

      など

      お体に気になる症状や違和感をお持ちの方は、一度、ご相談ください。また、高血圧、糖尿病、脂質異常など継続治療を行なっている方は、心臓に負担がかかっていることも考えられます。心臓の動きの異常が認められたら、次の検査へと繋げることができますので早めに受診してください。

      TOPへ戻る
      WEB予約WEB予約 LINE公式アカウントLINE公式アカウント